Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>








qrcode



ゴールデン☆ベスト 来生たかお バイオグラフィー 大地 (1) (岩波文庫) ムーン・リバー シルクロードの「青の都」に暮らす―サマルカンド随想録 氷の花たば

カウンター
クラレ〜
日々浮かぶものを留めおく雑記
<< 世界史復習 | main | 戻ってきた >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2011.02.17 Thursday | - | - |

氷上の社交ダンス
19:01
 アイスダンスお気に入りのカップルが見られなかったのですが、上位グループは大体見ました。

北米って金取ってなかったのですね。いつもロシアだったとか。

一つの時代が過ぎ去ったんだなと感慨深くなりました。

上位二人のカップルは・・・
う〜ん確かにうまい。
でも私はあの二組のリフトが好きになれないので。

どんなに物語を紡ごうがリフトですべての流れを断ち切っているように思えます。

歳月だけが醸し出す円熟みというものがあります。

今まではそうでした。

アルベールビルのクリモワ・ポノマレンコ

長野のグリシュク・プラトフ

ソルトレイクのアニシナ・ペーゼラ

クリポノは抑えても隠しきれない熱が

グリプラは苦悩、諦嘆、彷徨の果てに歓喜が

アニペーは自由への希求が

それぞれほとばしり出ていました。

今まで経験してきた苦労、そしてその果てにあるもの

といったことがたった4分半でひしひしと伝わってきます。

上位二人は確かにうまい。

特にテサモエはカップル形成してから長いし、一時期不調の時もあったから
辛いことも色々あったと思いますが・・・

なんか人間味とか人の熱とか、包み込むような温かみ、
そういうものが感じられないのですよね。

情感はあるけど、熱が感じられない、美しい劇を見ているかのような。

オリンピックなんだから、そういうものが見たかった、なんて思いました。


何年か後に、温度や熱、温かみを感じられる演技を見てみたいものです。

しかしあんなリフトでは選手生命が短くなりそうだな。


そして、ベルアゴ、ドムシャバは眼福でした。

二人とも今期がでカップル解消とか。

華々しい見せ場は少なかったかもしれません。

でも二組の荘厳な演技は思わず息をするのを忘れるほどでした。

曲も良かった。


ドムシャバが最後、演技が終わってドムニナがシャバリンの頭をなでたところで
涙が出ました。

みんなありがとう!!


ファイスカも良かったみたいなのでなんとかしてみなくては。

デロションは会場が温かくなる演技でした。

お気に入りのカー姉弟はODしか見られていないのですが
いつ見ても独創的なプログラムで見ていて楽しかったです。

昨季の80年代アメリカプログラムよりお気に入りのサミュエルソン・ベイツ組

フラメンコが人気のウィーバー・ポジエ組

超絶リフトが素敵な(このカップルのリフトは好きです、だって禿山)
科学忍者隊・ホフノビ

みんな見られなかった。

Jsportsで再放送しないかな。


とりあえず・・・

トリノの世選がとても楽しみです。

| 2010.02.24 Wednesday | 鑑賞 | comments(0) |

スポンサーサイト

| 2011.02.17 Thursday | - | - |
Comment