Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>








qrcode



ゴールデン☆ベスト 来生たかお バイオグラフィー 大地 (1) (岩波文庫) ムーン・リバー シルクロードの「青の都」に暮らす―サマルカンド随想録 氷の花たば

カウンター
クラレ〜
日々浮かぶものを留めおく雑記
<< 現在状況2010年1月 | main | 世界史復習 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2011.02.17 Thursday | - | - |

アバター
01:07
 見てきました。

感想(未見の方は注意)

すっっっっつごく面白かったです。

ストーリーはわりとありふれているんですけど、追いやすかったです。

何よりナヴィ(惑星パンドラの原住民)達の暮らしが美しくて美しくて。

私はジ○リ作品みたいに、戦争良くないよね、とか森林破壊良くないよね、とか
意思が透けて見えるのが苦手なのでアバターみたいに単純なのはよかったです。

頭ごなしに言われるよりも、清らかで素朴な生活をただ見せてもらえる方が、
素直に畏敬の念が持てます。

実際、大事な木が切られるところで涙が出ました。

後、CGがすごかった!

いろんな動物もでてきてて、特にナヴィ達のパートナー見たいな動物がかわいかった。
私もパートナーになりたい!


全体的に、なんて素敵なところだろう、綺麗なところだろう、私もその場所に行ってみたい
って思いながら見てたので、ナヴィに感情移入してしまって、挙句の果てに
地球人が憎たらしかったです。

大佐怖いヨ。

ナヴィ達はアフリカの人々がモデルかなと思うんですけれども、常々なんて躍動感と
生気に満ちあふれた身体だろうと思っていて、感嘆しているので
すんなり受け入れられました。
かっこいい!

3Dは思ったよりも酔わなかったです。
全然疲れなかったし。


恐らく、この映画の注意点は

・3Dが受け入れられるか
・ナヴィが受け入れられるか
・ストーリーの単純さが受け入れられるか

だと思います。

私はクリアでしたが、一緒にいったジ○リファンはストーリーに納得がいかなかったみたいでした。

ここからちょっとネタバレいちゃもん

たぶんディレクターズカット版だと思うので最後辺りではしょった感が否めませんでした。
おなごの心変りがちょっと悲しい。でも未熟ですから許してあげて。
死者が多かった。悲しい。特にいなせなおねいさんが・・・涙。


とりあえず3D映画台頭(予定)に万歳

アリスも見るぞ(^^)

後NINEも。



| 2010.02.13 Saturday | 鑑賞 | comments(0) |

スポンサーサイト

| 2011.02.17 Thursday | - | - |
Comment