Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>








qrcode



ゴールデン☆ベスト 来生たかお バイオグラフィー 大地 (1) (岩波文庫) ムーン・リバー シルクロードの「青の都」に暮らす―サマルカンド随想録 氷の花たば

カウンター
クラレ〜
日々浮かぶものを留めおく雑記
<< 放送予定 | main | ダライ・ラマ14世の特使、中国と協議開始 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2011.02.17 Thursday | - | - |

遅いですが・・・(ガス油田合意)
23:41
パソコンが壊れました・・・
で、現在新しいパソコンですが、お気に入りがすべてなくなったので大変。

今日は珍しく何もない日です。
なのでゆっくり色々なサイトを回っていたら・・・

先日東シナ海におけるガス油田に関して日中間で合意がなされました。
碌なことにならないだろうなと憤っていたのですが、
青山繁治さんのアンカーでの解説に触れた記事を読んで
とんでもないことを知りました。

日経の記事は以下です。

日中、東シナ海ガス田の共同開発で最終合意
 日中両政府は18日、懸案になっていた、東シナ海ガス田の共同開発で最終合意をした。
日中の中間線をまたぐ海域に「共同開発区域」を設定、出資比率に基づいて収益などを配分する方向で調整する。中国単独で開発を進めてきた白樺(中国名・春暁)には日本も出資、一定の権益を確保する。詳細は今後の日中間の条約締結交渉で決める。
日本が2004年6月に中国側のガス田開発に抗議してから4年を経て、問題は一応の決着を迎えることになった。

 高村正彦外相と甘利明経済産業相が18日に記者会見し、発表した。
合意文書は「東シナ海における日中間の協力について―日中共同プレス発表」「日中間の東シナ海における共同開発についての了解」「白樺ガス油田開発についての了解」の3種類で構成している。 (18:29)

ここから
【6/25放送「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”】
による情報です。

私は、高い金を出してガスを買うのか・・・と思っていました。

しかし青山さんによると日本は「白樺」から日本側にパイプラインをひいていない。
気体のガスを持ち運ぶにはパイプラインを引くしかないけれど、
それがないということは、日本はガスを買えない。

そして余ったガスをどうするかというと・・・
中国に安くで売るのだそうです。恐らく標準の10分の1の価格で。

そして、今回中国は日中の中間線(日本側の主張)を認めないと
公式に発表しました。
それに対して日本側は何も反論しなかったため、
国際社会では何も反論しない=中国の主張を認めたという印象になっているそうです。

つまり、今回日本は、何も得ていない、何も主張できていないということです。

福田政権が発足してもう9か月になりますでしょうか。
何度もおかしいなおかしいなと思ってきましたが
これほど失望したことはありません。

青山さんが、おっしゃっていました。
外交は政府がするものという考えはやめようと。
外交は私たちがするものであると。

具体的にできることはまだありません。
それでも考えていかなければなりません。

中国は最近、沖縄が日本に帰属するかどうかは疑わしい。
琉球王国は中国にも朝貢していたから中国に帰属するのでは?
という論文を出したそうです。

どこまでなら、失えますか。
JUGEMテーマ:ニュース



| 2008.06.30 Monday | 意見 | comments(0) |

スポンサーサイト

| 2011.02.17 Thursday | - | - |
Comment